ホーム > 小説一覧 > カサノヴァの素顔

カサノヴァの素顔

カサノヴァの素顔

ミッシェルのもとに、結婚式の招待状が送られてきた。差出人はなんと、彼女の10年来の恋人ではないか。ひどいわ、いきなりほかの女と結婚するなんて!泣き崩れる彼女を慰めてくれたのは、友人のタイラーだった。お金持ちで有能でハンサムで、あまりにも完璧すぎる彼に、かえって反発を感じて、昔から喧嘩ばかりしていたのに。彼のやさしさに触れたミッシェルは、ある計画を思いつく。タイラーに頼んで、一緒に式に出席してもらおう――とびきりすてきな、私の新しい恋人のふりをして。

4.0 評価集計 6件の評価
評価する
評価5
4
 

評価4
1
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
1
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ

カサノヴァの素顔 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

めんどくさい二人 評価5 5
ロマンス ライブラリで購入済み

どうしても皮肉や曲解を加えながら相手を見てしまう二人。めんどくせ~!と思ったけどまあそういうこともあるかもね?好きになった相手にステディな彼がいたらアタックは出来ないよな~うんうん。わかるよ、とも思った。ヒロインと付き合うに当たってジャガーからホンダ・レジェンドに乗り換えたヒーロー。落ち着きや堅実を目指すという意思の表れなのだろうか?よくわからない。でも他にマツダの車も出てきてちょっと嬉しい。ちなみにヒロインの会社の社長、無駄にハンサム設定なのでスピンオフあるだろと思って調べたら「恋より情熱的に」というお話でした。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

ダメな兄と妹:SORA 2019/05/20

バカなヒーローは同じくおバカな妹が言ったことを簡単に信じてしまう。タイミン…

こんなこと?:りん 2019/05/19

試し読みをして期待して購入しましたが、うーん、ヒーローがちょっと。 友井先生…

面白い:れん 2019/05/19

2冊でじっくりと堪能できました。無実の罪で5年も投獄の他、ヒーロー、ヒロイン…

リュシアン推すよね:nana 2019/05/19

展開も面白かったし話もまとまっていて良かったけど、ヒーローが女にだらしない…

幼いヒーロー:カーズ 2019/05/19

本当に悲劇のヒロイン…。呆れるくらい自己肯定感も低いし、優しいヒーローを愛す…

意味のない内容に唖然:tsora 2019/05/19

脅されて事実確認もせずに結婚してしまったヒロイン。ホント信じられない軽い。…

とても面白かった!:ウルスラ55 2019/05/18

話がどう転がっていくのか分からず、夢中で読みました。陰謀のシルエットが見え…

個性的なのに、個性的じゃない?:tsora 2019/05/19

淡々と話が進んでいくけど、面白い。 ハレークインでは珍しくモラハラではなく、…

ハッピーエンド判定すると:oliy 2019/05/18

個人的に、ハッピーエンドではない気がする。

?:ピッパ 2019/05/19

この女馬鹿やな

このページの先頭へ