ホーム > 小説一覧 > 宿命のパートナー

宿命のパートナー

宿命のパートナー

母親の再婚をきっかけに義理の兄ができたバリー。彼女はその義兄ドーソンにずっと憧れを抱いていた。家族旅行の際にバリーはとうとうドーソンと結ばれ、彼の子供を身ごもるが流産してしまう。そのことをきっかけにドーソンとは距離を置いていたが、5年ぶりに彼がバリーの前に現れた。もしや秘密にしていた妊娠のことがばれたのかしら?困惑するバリーにドーソンは驚くべき提案をする。「きみに婚約者のふりをしてほしいんだ」

4.0 評価集計 6件の評価
評価する
評価5
2
 

評価4
3
 

評価3
0
 

評価2
1
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

宿命のパートナー のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

思い出の 評価5 5

大好きな作品です。何年か前に本を買って読んだのに紛失して、題名を忘れていたのですが、こちらのサイトで見つけることができて大喜びです。屈折したオバカ主人公男性と、彼を愛しぬき耐える一途なヒロイン。私にはツボだらけのお話です。特にヒーローに何度も突っ込みたくなりますが、それもさすがはダイアナ・パーマーという感じで、引き付けられました。彼が酔って電話で話すシーンは、それまでの冷たさが一転して楽しかったです。

参考になりましたか?はい いいえ
【ネタバレ】こっちのが・・・ 評価4 4

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
【ネタバレ】屈折しすぎヒーロー 評価5 5

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

なんじゃい!!:クレヨン003 2016/12/07

なんだか自信満々みたいだったのに、ちょっと嘘を吹き込まれたらその気になって…

悪くはない:ワカメ 2016/12/07

でも、サラッとしすぎてて物足りない。月額コースになるまでまてばよかったかな。

静かすぎる:さんちょ 2016/12/07

今回のヒーローはゴミ箱に捨てなくなるくらい陰湿な感じで好きにはなれない。 こ…

見せ方がうまい:みーたん 2016/12/07

この漫画家の方の作品はいつも見ていて飽きません。できれば結婚後のカットも見…

お兄ちゃん:みきてぃー 2016/12/07

いいわぁ。お兄ちゃんに幸せになって欲しい

このハートはヒーローに捧ぐ!:ぽめやん 2016/12/07

ヒロイン、頭悪すぎてダメだ…

悪人が登場しないので:楓 2016/12/06

読後感もよくハッピーな気分になりました。プリンセスなんてなりたくてもなれな…

腹黒い:なうしか 2016/12/07

どうしも結婚してくださいと言わせてやるぞ〜って感じが 出過ぎ。こんなアホな作…

話の展開が‥:なうしか 2016/12/06

話の展開が突然! 地震があったらハッピーエンドになってる。 読み飛ばしたのか…

おしい!:kaeru 2016/12/06

話はおもしろそうなのに上手く表現できてないように感じました。特にヒロインの…

このページの先頭へ